日常

実用書を読むのがあまり好きではない私たちへ

コンチッチー!sasayakaです。

最近、ブログを始めてからというもの、書き方を参考にするためいろいろな有名ブロガーのブログを回ったりしている毎日です。

そのうちに気づいたのですが、ブロガーという方々は読書が好きな方が多いみたい。しかも読んでるのは実用書だ。ワーオなんて知的、すばらしい。グレート。ブリリアント。

そんな皆様のすばらしい記事は毎日の読書によるインプットから生まれているのではないでしょうか。そこでわたしも主に記事数を増やすというyokoshimaな理由から、頑張って読書をしようと思いました!!なんて意識高い!!!

 

そして家の近くの本屋でなんか実用的そうな意識を高める本を買い、帰宅してご飯を食べるわけです!!!!

 

お風呂に入るわけです!!!!

 

…………。

 

 

 

 

そしてゲームをします!!!!

 

 

 

WWWwwwwwwwwwww??? ? ? ? ? ? ? ????? ????????wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

まただよこいつ。このsasayaka、以前のカフェの記事でも勉強しようと思っていたらいつの間にか酒を飲みながらゲームをしているというあまりの意志の弱さを露呈しましたが、またその悪い癖が出てしまったー!

ですが、今回はただ意思が弱いだけではありません。

そういえば、わたくし、

そもそもそこまで実用書が好きではありません!

 

嫌いではないけど好きではない!そんな絶妙なライン!忙しいと自発的に本を読むことがあまりなくなるので、いつの間にか

 

「そういえば、最近全然本読んでないな……」

 

というパターンに陥りがちなタイプだ!

いや、嫌いではないんですよ?ホントに!

なんていうか集中力がないので、読み始めてもすぐ飽きてしまうというか……。

 

Free-Photos / Pixabay

 

そう、この写真で死んだ目をしている少年のように、すぐに飽きてしまうのです。

 

できればわたしだって読書を好きになりたいもん!!!!

たくさん本読みたいもん!!!!

でもムリだもん!!!!

 

……なんてブリっ子みたいなことを言っていても仕方がないので、どうしたら読書をする意欲が沸くのかわたしは考えてみることにしたのです。

 

読書があまり好きではない私たちが読書をするには

出来れば読書をしたいけど、飽きっぽい私たち(勝手に人を巻き込んでいく)は残念ながらあまり集中力が続きません。私たちは極めて気が散りやすく集中力が散漫であるため、がっつり読書をするのが難しいのです。

なんとなく「この本面白そうだな~」なーんて思って購入したとしても、導入部分だけ読んだらお腹いっぱいになって、すぐに読むのが面倒くさくなってしまいます。

そういう人他にいません?いませんか……。

自分で言ってて何ですが、なんかすごいダメ人間みたいな感じですね……。

 

そこで読書への意欲を上げるにはどうしたらいいのか、自分の経験から思ったことを書いてみました。

 

①何を知りたいのかある程度明確にし、読書をする目的を持つ

私たちはなんとなく興味があるだけで本を読み始めてしまいますが、基本的に面倒くさがりなのでそれだけでは読書をするためのパワーには全く足りません。

なのでまず何かを知りたいという目的を設定します。そういった疑問を明確にしてから本を買いましょう。そうすればホラ、もうすこしだけ興味出てきたでしょ?でしょ?

 

②一度で完読する必要はない、最初は読みたい部分を読むだけでよい

私たちは面倒くさがりで読書が苦手な割に、なぜか真面目にまえがきから読み始めてしまいます。

おそらくこれは私たちが読書をするのが下手だからかと思うのです!つまり読書をする目的がおぼろげなので最初から読んでしまい、はてしなく長い読書坂を登り始めてすぐに玉砕してしまうわけですね!

目的さえあれば、わざわざ最初から読む必要はありません。目次を見て、知りたいことが書いてありそうな部分だけ読めばよいのです。

こうしてまずその本の内容に触れて、どんな感じの本か知ることが私たちには大切なことかなと思います。そうすれば、

「ふーん、こんな本なんだ。読んでたら他の部分も気になってきたし、また今度別の部分を読んでみようかな」

って感じになるかも!

 

③読みたい部分を読むときは、必ずその部分を含む節・章は完読する

まずは気になる部分だけを読めばいいと言いましたが、本当に気になる部分だけをぶつ切りで読んでしまってはあまりにつまらないと思うのです。

それは連続ドラマの途中の15分間だけを切り取って見ているようなもの

15分見ただけじゃどんなストーリーなのかはあまりわからないじゃないですか?本もそれと同じで、とあるわずかな文章だけを抜き出しても面白くない気がします。

そう!本だって筋道立てて書かれているのです!ちゃんと本のストーリーを追っていこう!

だからこそ読みたい部分を読むときは、その部分を含んでいる節や章はまとめて完読していこう!

 

実際コレで読書ができるようになるの?

qimono / Pixabay

 

正直分かりませんが、効果はある気がする!(体感)

なんかこう、書いてみると全部当たり前なことなのですが、私たちのような読書面倒くさいマンたちは基本的に読書するときに何も考えていないので、意識的にこういうことをしないとすぐに投げ出してしまうんですよね。

だからこそこういうことをしていけば、今までよりはほんの少しだけ読書をする時間が長くなるのではないでしょうか。

わたしも頑張って読書時間を長くしていこうと思うよ!!!!!

以上、sasayakaでした。読書頑張る!!!!!ウオオオオ!!!!!

ABOUT ME
sasayaka
sasayakaです。フラワーアレンジメントの話題でブログを書いています。 ソフトフラワー協会認定 アクアプリザインストラクター