ハーバリウム

【ハーバリウムの作り方:準備編】ハーバリウムの材料の選び方をなんちゃってフラワーデザイナーの私が教えるよ

みなさんコンチッチー! sasayakaです!

今回は前回のハーバリウム記事の続きで、自作しようと思っている人向けにハーバリウムに使う材料の選び方を教えるよ!

・ハーバリウムをワークショップでつくってみたけど、自作にも挑戦してみたい

・近くに好みのハーバリウムワークショップがなくて自分で作りたい

こんな感じの人がいたら、ぜひ読んでみてね☆

この記事で紹介する材料はそれほど安価ではありません。重要なポイントにはちゃんとした材料を使うべきというのがフラワーデザイナーとしてのわたしの考えなので、とにかく安く作りたいよという方には不向きな記事かも……?

それじゃあ今回のテーマいってみよー!

 

自分で作るとき、ハーバリウムの材料って何を買えばいいの?

ハーバリウムを自分で作りたいけど、まず何から買えばいいのかわからないという人も多いんじゃないかな!

ざっくり言うとハーバリウムで買わなきゃいけないものは

①ハーバリウム用のオイルと注ぐ用の容器

②ハーバリウム用のビン

③瓶の中に入れる材料(お花とかいろいろ)

④お花とかをビンに入れる道具(ピンセットなど)

の4つだよ!

これを順にどう選べばいいか説明していきまーす!

 

①ハーバリウム用のオイルと注ぐ用の容器の選び方

※一番重要なところです!

ハーバリウムの中で最もケチってはいけない材料がオイルであるといっても過言ではない。

ハーバリウムにはベビーオイルやシリコンオイルなどいろいろなものを使うことができるけど、もちろんこれらはハーバリウム用に作られたものではないよ。

こういうものを使うのも手だけど、時間がたつと花の色が抜けて油が変色してしまったりするよ~!

花の色が落ちて濁ってしまったハーバリウム

せっかくきれいなハーバリウムを作っても、半年もしたら濁ってきてしまった……っていうことにはしたくないよね!せっかくなら長持ちさせたい!わかる!

だからこそ、ハーバリウムに使うオイルにはお金をケチらないでほしいと思います!

じゃあ何を買えばいいんだ!?ってなると思うんだけど、

今はしっかり長持ちするような綺麗なハーバリウムを作りたい!っていう人向けに、最近はメーカーからハーバリウム専用オイルというものがいくつか販売されているよ。

わたしはハーバリウムを作るときは、このハーバリウム専用オイルを使って作ることをつよくおすすめします!

いろんな会社がハーバリウム用のオイルを販売してるけど、わたしが一番おすすめするのは、花科学合同会社というところが発売してるこのアクアプリザ液よ〜。

わたしがワークショップで使うオイルも全部これ!なかなか色落ちせずに長持ちするのでおすすめ!

(そもそもアクアプリザってなに?ハーバリウムじゃないの?っていう疑問があると思うんだけど、ちゃんとハーバリウムにも使えるから安心だよ!)

いろんなサイズがあるけど、少し高い物なので最初は500㎖あたりを買ってみるのもいいかも!

by カエレバ

 

 

by カエレバ

 

Amazonでも売っているよ。スタンダードタイプとさらさらタイプの二種類が売ってるけど、使用感にほとんど違いはないのでどっちを選んでもいいんじゃないかな!

(※さらさらタイプの方はオイルに花が沈みやすいようです)

オイルを注ぐ用の容器も忘れずに買おう!おすすめはダイソーで売ってる蓋つきで注ぎ口が広めのチューブポット。上の写真に写ってるのがそれだよ〜。容量も300mlくらい入るのがおすすめ!(小さいとオイルを継ぎ足す手間が多くなっちゃうよ)

 

②ハーバリウム用のビンの選び方

最近はいろんなビンの種類が出てるから色々迷っちゃうよね〜。

これに関しては正直100均で買ってもいいと思う!ただひとつだけ注意して欲しいのが、

ビンのキャップがスクリュー型のものを買う!

ってこと!蓋がコルクでできてるビンとかよくみると思うんだけど、このタイプを使わないのは万が一ハーバリウムを倒れたり、床に落とした時にコルクが抜けて中身が漏れて大惨事……なーんてことになるのを防ぐためだよ!

ちなみにハーバリウム専用のビンっていうのもあって、これも100均よりは高いけど通販で買えるよ。ただ送料が高いので、一本だけ買いたい!って人には敷居が高いかもだ!ここはお好みかな〜。

(通販だとたまにビンだけでキャップが付属していないパターンがあるから注意してね!)

一部の東急ハンズとかLOFTのハーバリウムコーナーを覗くと最近はハーバリウム用のビンが売っていたりするので、通りがかったときにそれを狙って覗いてみるのもいいかも!

ちなみにわたしは何を買うにしても、最初は縦長のビンを使うことをオススメするよ!花を縦に積み上げていくだけだから形も崩れにくいし、デザインが比較的簡単なんだー!

左のハーバリウムは花がフワフワ浮いているけど、右のは花がぎゅって詰まって固定されているのがわかるかな?

横に広いビンを使うと、上の写真みたいに完成した後もビンの中の花が流動的にフワフワして形が崩れやすいのでかなりデザインを考えるのが難しくなるかも!

・蓋がスクリュー型になってるビンを買おう

・最初は縦長の瓶を買ってみる!

 

③ビンの中に入れる材料(お花とかいろいろ)の選び方

それじゃあついにビンの中の材料選びだ!

ここではとりあえず手に入りやすそうな材料を中心に書いていくよ。

 

ビンの底に敷く砂とか石、小物について

上の方で紹介してるハーバリウムの写真にも、ビンの底に色んなキラキラしたものが沈んでるのに気づいたかなっ。

とりあえずビー玉とかカラーサンドとかビーズを入れたりすると、手軽によりかわいいハーバリウムになっておすすめです!(軽いと浮かんできてしまうので、ある程度重いものを入れましょう)

ハンドクラフト用のアクセサリーなんかも入れてもおしゃれだよね!(わたしはよくSeriaで買った歯車とか入れてるよ)

その中でも特にわたしがおすすめするのは、小さな巻き貝!

見て!!!???このすばらしい穴の空き方!!!!

 

 

……なにいってんだこいつ?

 

 

って思ってる人が大半だと思うのですが、この貝に開いた穴が役に立つ時が必ずやってくるので、ハーバリウムを自作する人は是非この小さな巻き貝を買っておけやがってください!安いしそんなに懐は痛まないよ!

具体的に言うと、デザインの幅がぐっと広がる!

(作り物の巻き貝だと底に沈まずに浮いてきてしまうので、必ず本物の巻き貝を買いましょう)

使い方は次回のハーバリウムの作り方の記事で説明するよ!

 

ビンの中に入れる花の選び方について

これに関しては本当に人によると思うので、最初は手に入りやすいものを中心に無難なものを紹介することにするよ~。

・かすみ草

みんな大好きかすみ草!いろんな色があるよ!安くて沢山使えてボリュームもあるという良いことづくめだ!とりあえず初心者なら好きな色1つくらいは用意しておこう!わたしは使いやすい白色のかすみ草をおすすめするよ!

 

・アジサイ

6月が旬のアジサイもとても使いやすい!これもプリザーブドフラワーが主流になってていろんな色があるよ!かすみ草よりは高いけどアジサイも沢山つかえてボリュームがあるからおすすめだ!(ちなみにアジサイはハーバリウムに入れるとオイルが染みて透明がかった色になるから少し注意が必要な花だよ)

 

・イモーテル

地味な花だと思ったかな?この花の最大の特徴はハーバリウムに入れても浮かずに下に沈むこと!ハーバリウムにお花を入れるとほとんどのものは軽さで上に浮き上がってくるんだけど、イモーテルだけは下に沈むんだよー!小さくてアクセントとして使いやすいから試しに買ってみるのもおすすめ!

 

突然ですが、ここでわたしの独断と偏見による好きな花コーナーをはじめるよ!!!!(ハーバリウムにも使える)

(※入手難易度は考慮していませんごめんなさい)

 

・ゴアナクロー

かっこいい。

 

・エリンジューム

かっこいい。

 

・ボタンフラワー

かっこいい。

 

・オレガノ

とてもかっこいい。

 

…………それじゃあ次にいってみよー!!!!

 

④お花とかをビンに入れる道具(ピンセットなど)の選び方

ハァ・・・ハァ・・・・やっと最後まできたよ!ここではハーバリウムを作るのに使う道具は主にこれだけだよ!っていうのを羅列していくよ!

・ピンセット

・箸程度の太さの棒

・グルーガン

・ティッシュ型のキッチンペーパー

この4つさえあればほぼ困ることはないんじゃないかな!

でも逆に言えばこの4つは無ければ困るから、絶対に揃えておくことをオススメするよ!

 

さて、長かったけれどここまで読んでくれてありがとう!

次の記事ではハーバリウムの作り方について説明するから、自分で作るハーバリウムに興味があったらぜひ見てくれると嬉しいです!

それでは、sasayakaでした☆

ABOUT ME
sasayaka
sasayakaです。フラワーアレンジメントの話題でブログを書いています。 ソフトフラワー協会認定 アクアプリザインストラクター