ハーバリウム

【ハーバリウムの作り方:レベル1】初心者でも簡単な『お花詰め詰め型』ハーバリウムの作り方を教えるよ!

みんなコンチッチー! sasayakaだよ!

前回のハーバリウム記事では、ハーバリウムにはどんな材料を用意すればいいの?っていう記事を書きました!

なので今回は材料が揃って準備万端!な人向け!

ハーバリウムの作り方を初心者にもわかりやすく説明するよ。

わたしがワークショップで教えてることをそのまま教えちゃう感じでいきます!

それじゃあ今日もいってみよー!

 

みんなはどんなハーバリウムを作ってみたい?

どんな?って言われてもイメージなんて沸かないし……って人でも安心できるように、わたしがワークショップをやるときは最初に2種類の作り方を紹介してるよ。

今回はその1つ目の簡単な方を紹介していきます!

そう、タイトルにもある『お花詰め詰め型』のハーバリウムのこと!

簡単に言えば、お花を隙間無く沢山ビンの中に詰めてハーバリウムを作っていく方法だよ。

難易度で言えばレベル1くらい。とっても簡単だ!

それじゃあさっそく説明していくよ!

 

レベル1『お花詰め詰め型』のハーバリウムの作り方

①ビンとピンセットを用意する

とりあえずこれが無いと始まらないよね!ハーバリウムに使うビンを用意しよう。あとピンセットは後々お花をビンの中に入れるときに使うよ!

 

②ビンの底に敷く石とか砂を用意する

これに関してはあってもなくても大丈夫!お好みで好きなものを選んでみよう。

今回わたしはガラス砂ガラスタイルを買ってみました。カラーサンドビーズビー玉を使っても綺麗だと思うよ!言ってしまえばオイルの中に沈む重さがあれば何を使ってもいいので、いろいろな材料を買って試してみよう!

・ビンの入り口から入らないほど大きな材料は当然NG!

・腐敗する生ものは入れちゃダメだよ!

それじゃあさっそくこの材料をビンの中に入れてみよう。

サッー!(迫真)

ガラス砂カラーサンドみたいな粒子が細かい材料は手で入れるのが難しいから、上の写真みたいに一度紙に材料を広げてからビンに注ぐように入れていくとやりやすいよ!

当然指でつまめるくらい大きな材料なら手で入れてもオッケー!

入れたらこんな感じ!いい感じに入ったのではないでしょうか。

砂とか石ってどのくらいまでなら入れてもいいの?って思う人もいるかもしれないから言っておくと、そのあたりは特に自由だよ!入れすぎると花を入れるスペースが減っていくから注意しよう!

ビンの底から計って1cm~2cmくらいの深さで入れるとちょうどいいバランスになるんじゃないかな。

 

③お花を準備して、ビンに入れていく

やっとメインにたどり着いたわね!今回わたしは赤を中心にしたハーバリウムを作ろうと思ったので、赤色の材料を集めてみたよ。

こんな感じに最初は沢山の色を使おうと思わずに、1~2色に絞って作ってみるのをおすすめします!

そうすると初心者でも上手くまとまったデザインになるよ!沢山の色を使ってデザインするのは最初はなかなか難しいです。

参考にわたしが使うのはどんな材料なのかさらっと説明していこう!

・紅葉(モミジ)

ウホホ!なんと紅葉したモミジの葉っぱもドライフラワーになるのです!秋になったら葉っぱを切って涼しい場所で逆さまに吊して乾燥しておこう。ハーバリウムの材料にも使えるよ。おすすめ!

・ペッパーベリー

ペッパー、いわゆる胡椒。かわいらしい小さな実が特徴のドライフラワーだよ。ピンク、黄色、青など他にも色んな色があるのが特徴!最近は東急ハンズでもちらほら見る、割と手に入れやすい材料です!

・アジサイ

前の記事でもちょっと紹介したアジサイだよ!ハーバリウムにもとても人気!プリザーブドフラワーも沢山売られてるから、数え切れないくらい色んな色があるよ。ハーバリウムに使うと花びらが水に透けて若干透明になるから使うときにはそれだけ注意しよう。

・スモークツリー

なんとこのフワフワした紐みたいなのが花だよ!とってもクール。ちょうど6月~7月にかけてこんなフワフワした花が咲きます。ハーバリウムの中に入れてもフワフワ漂う感じでとってもクール!今回は赤色を使っているけど、この木も色の種類が豊富だよ。個人的におすすめの材料です!

・ラグラス

フワフワしていてとってもカワイイ!ねこじゃらしみたいだけどちょっと違う、ねこじゃらしの仲間のラグラスだよ。この名前は「ウサギの尻尾」って意味らしいよ。これも色の種類が豊富で、ハーバリウムではよく使われてるよ!使いやすくておすすめ!

・ファラリス

これもまたnekojarashi…に似てるけど上のラグラスよりは印象が固めで、針みたいにフサフサしてるのが特徴だよ。これもハーバリウムではよく使われてる材料で、色の種類もたくさんあります!

・ユーカリ・ジャラシード

ユーカリの葉っぱをプリザーブドフラワーにして赤色に染めたものだよ!本当はもっと普通の緑色をしてるんだけど、染めると全然わからない……。ハーバリウムではそんなに使われてないかも? なんとなくかっこいいと思って買ったけど今まで出番がなくて今回初めて使います。

さらっと説明とは一体なんだったのか

それでは長い材料についての説明が終わったので、ついにお花をビンの中に投入!

……する前に、こんな風にビンの横に花を並べて、ビンの中にどういう順番で花を入れていくかシミュレーションすると、後々迷わずに作りやすいよ!始めて作る人はこんな感じにデザインを膨らませていくのがおすすめ!

・この方法は沢山お花を使うので、心持ち多めにお花を用意しておこう!

最初は沢山の色を使おうと思わずに、1~2色で作ってみることをおすすめするよ!

 

それじゃあシミュレーションも終わったら、お花をビンの中に入れていこう!

ピンセットで入れていくのがおすすめ!指で入れてるとビンの内側に自分の指紋が付いたりすることもあるから、できるだけビンには指で触れずに材料を入れていこう!

こんな感じにある程度詰め込んで入れていくのがポイント!お花は軽いので、中身がスカスカな状態でオイルを入れるとお花が上に浮かんできてしまうよ。お花を固定するためにも意識的にお花を詰めて入れていこう!

途中で「1色だけじゃつまらないから、もっと他の色も入れてみようかな……」

なんて思うこともあるかもしれないよね。そういう時は上の写真の白い材料みたいに、アクセント的に1つだけ他の系統の色を入れてみるのもおすすめ!そうするとより印象がはっきりするよ!

どうかな?シャキッとした印象になったように見えないかしら。

あとは上まで残りのお花を入れていくだけ!

 

 

入れ終わった!

お花の入れ終わりの目安は、ビンの上側の窪んだ部分の境目くらいがいい感じ!

あとはビンにオイルを入れていくだけ!もう一息だぞう!

 

④ビンにオイルを注いでいく

みんなオイルは持ったな!?

ハーバリウム用のオイルとペーパータオルを用意しよう。

オイルを注ぐ時はビンを傾けてゆっくり注いでいこう!真上から注ぐとオイルの重みでせっかくセットした花がどんどん下に落ちていってしまうよ。

そしてオイルが外にこぼれると机がべたべたになってしまうので、安全のためにオイルを注ぐときはペーパータオルを引こうね。

ハーバリウム 作り方オイルを注ぐ目安はこんな感じ!ビンが窪んでる部分のぎりぎりちょっと上辺りで止めると外から水面が目立たずにスマートに見えるよ!

オイルを注ぎ終わったらすぐにキャップできつく蓋を閉めよう!きつく蓋を閉めないと何かの拍子で中のオイルが漏れて大惨事になりかねないから気をつけて!

キャップをきつく閉めたら、泡が出るハンドソープでビンを水洗いしよう。完成したばかりのハーバリウムは指紋や油でビンの外側が汚れて曇っていることが多いから、水で洗いながすとより綺麗に見えるよ!

水で洗ったあとは、キャップの下の首回りにお好みでヒモリボンを巻いてもおしゃれだよ。作品に一番似合いそうなものを探してみよう!

 

⑤完成

これにて本当に完成!

スマートフォンやライトで下から光を当てるとよりインスタ映えっぽい出来映えになるよ!当てる光の色の違いでハーバリウムの色もカラフルに変わっていくから、色んな色の光を当てて楽しんでみてね~。

 

さて、これでレベル1のハーバリウムの作り方の説明はおしまい!この記事で「ハーバリウムってわたしでも簡単に作れるんだ!」なーんて思ってくれるとわたしも嬉しいな!

次はレベル2のハーバリウムの作り方について説明していこうと思います!

それでは、sasayakaでした☆

ABOUT ME
sasayaka
sasayakaです。フラワーアレンジメントの話題でブログを書いています。 ソフトフラワー協会認定 アクアプリザインストラクター